CSR LUTYの社会的役割 | LUTY(ルーティー)
CSRルーティーのコンセプトである「すべてのひとが輝ける」未来のために
わたしたちは、様々な活動を応援しています。

SDGs ~持続可能な開発目標~

「すべての人に水・衛生を」に世界が合意

2015年9月150を超える国連加盟国の首脳が参加した「国連持続可能な開発サミット」において「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)が採択され、貧困や飢餓、保健、気候変動などに関する17の目標を、2030年までに達成することに世界が合意しました。 目標6は「すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」。水と衛生が、貧困をなくすために、持続可能な開発を実現するために不可欠であることを、世界の首脳が公に認めました。

LUTYのSDGsへの取り組み
【 持続可能な開発の基礎となる目標6―すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する 】に対し、 支援活動として”ウォーターエイド”への寄付を行っています。
持続可能な開発の基礎となる目標6
すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

安全な水とトイレを世界中に

安全な水とトイレを世界中に
水・衛生の確保には、大きな波及効果があります。誰もが水・衛生を利用できるようになったコミュニティでは、人々が健康に、公平で生産的な暮らしを送ることができます。 つまり、水・衛生は目標6だけで完結するのではなく、貧困や飢餓、保健、格差といったさまざまな問題を解決するためにも、きわめて重要な意味を持っているのです。 目標6を実現することで、他にも多くの目標を実現に近づけることができます。

貧困をなくそう
水・衛生がないことで、長時間の水くみや病気の治療代等の負担が増え、貧困から抜け出すことが困難になります。2015年にトイレがない等、衛生環境の不備が世界経済に与えた損失は22兆円。うち12兆円は、下痢等によって人々が早期に命を落とす人的損失によるものです。

飢餓をゼロに

飢餓をゼロに
飢餓を終わらせ、食料安全保障および栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進するWHOによると、栄養不良の50%は、慢性的な下痢や腸内寄生虫、その他の感染症など清潔な水と適切なトイレ、衛生習慣がないことが原因です。

全ての人に健康と福祉を

全ての人に健康と福祉を
水・衛生を利用できるようになれば、コレラやトラコーマ(目の感染症)等の病気が減少、人々の健康が大きく改善されます。水・衛生は乳幼児死亡率にも関係しており、新生児が亡くなるケースの20%は、清潔な水で体を洗い、手洗いした人が衛生的な環境で世話することによって、防ぐことができると言われています。

質の良い教育をみんなに

質の良い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する学校でプライバシーの保てる適切なトイレを利用できるようになれば、女子生徒が思春期になっても学校に通い続けることができます。

ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を実現しよう
家の近くで水を得ることができない地域では、多くの場合、遠くまで水くみに行くのは女性、女の子の役割です。また、野外排泄せざるを得ない女性たちは、その道中、いやがらせや暴力などの危険にさらされています。

住み続けられるまちづくりを

住み続けられるまちづくりを
世界の都市人口は急増しており、2030年までに人口の3分の2が都市・町に住むようになると予測されています。途上国では、都市・町の拡大が、都市計画のないまま急速に進んでおり、水・衛生サービスが追い付いていません。

ウォーターエイド

「すべての人々が清潔な水と衛生を利用できる世界」を目指す
ウォーターエイドとは、1981年にイギリスで設立され、37年間にわたって、水・衛生分野に特化して活動してきた国際NGOです。
1991年にはイギリスのチャールズ皇太子が会長に就任。現在、アジア、アフリカ、中南米など計34か国で水・衛生プロジェクトを実施しています。水・衛生分野の専門性を活かし、各国の貧困層や取り残されがちな人々が清潔な水を利用できるよう、現地に最も適した解決策、「清潔な水、衛生的なトイレ、適切な衛生習慣」
この3つが世界中すべての人にとってあたりまえのものになるように、ウォーターエイドは活動をしています。
国連の「持続可能な開発アジェンダ2030」を踏まえ、ウォーターエイドは2030年までにこのビジョンを実現するために、さまざまな活動を行っています。
詳しくはこちら

ヘアオイル「LUTY」の利益の一部を寄付しています。

人には水が不可欠です。
このLUTYも「水」を使って作っています。
それは、水資源・設備が整っているからという環境があってこそ。
世界を見渡すと水や下水などに悩み生死にかかわる現状の人々がいます。
世界の人々にとって「水」があたりまえになるようにと活動している、
ウォーターエイドをサポートしたいと考えました。

留学生活躍推進
応援プロジェクト

留学生就職応援
現状、留学生は卒業・終了後の進路希望として約6割の学生が日本での就職を希望していますが、日本での就職を希望しながら約4割しか就職できていないというのが現状です。
就職活動の早期化、情報取得の困難な状況等、様々な要因があると言われています。
私共は、日本特有の就活においての見た目(身だしなみスキンケア、メイク、ヘア)部分を、自宅でも本人ができるようにワークショップ形式で各大学様、大阪外国人雇用サービスセンター様より受託し、ボランティア活動を続けております。

ダイバーシティ&
インクルージョン

「大阪市女性活躍
リーディングカンパニー」認証
2015年(平成27年)9月4日公布・同日施行された女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に伴い、 「大阪市女性の活躍促進アクションプラン」において、女性が働きつづけられる美容業界作りを目標のひとつに掲げ、 女性がその能力を十分に発揮し、活躍できる美容業界環境整備を進めています。
2016年10月女性活躍リーディングカンパニー認証2つ星を、美容業界で唯一取得し、業界への取得推進を行っております。
詳しくはこちら

マザーズハローワーク

働く女性・ママを応援
弊社では、女性応援としてハローワーク(マザーズハローワーク)で面接ヘアメイクセミナーを定期的に開催しています。 大阪マザーズハローワークとのプロジェクト「面接ヘアメイクセミナー」で、今後も働く女性・ママを応援し、社会全体を元気にしていく活動を行っていきます。 これから働きたいママの為に、面接で好印象のヘアアレンジ、メイク講習の他、崩れにくいヘアセットの基本や、ヘアアレンジのちょっとしたコツなど誰にでも明日から実践できるワンポイントレッスン。実際に体験できるのが嬉しい講習とご好評いただいております。

医療用ウィッグ

患者様の生活の質(QOL)を
向上させる
医療技術が高度化した現在、患者様の生活の質(QOL)を向上させることが重要な関心事となっており、 医療のみならず、患者様の生活に関わるあらゆる分野からの協力が必要と考えられています。
弊社も、がんの化学的治療による薄毛・脱毛に悩む方々と接してまいりました。
その際に心を痛めてきたのは、がんの化学的治療に取り組んでいる患者様のための医療用ウィッグは、かなり高額なものか、あるいは低価格で著しく品質が低いものしか提供されていないことでした。
現状では、すでに医療費を負担している患者様に、「無理をして買うか、容姿についてはあきらめるか」という困難な選択が強いられています。
これでは、美容のプロとして、QOLの向上に十分貢献しているとはいえないのではないか。自分らしく、美しくありたいというごく当たり前の想いを、 無理なく実現できるようにすることが、美容のプロとしての使命なのではないか。そのような想いから、弊社は医療用ウィッグを提供するサービスを開始し、 患者様の容姿に対する悩みを解決するお手伝いをしています。
ゴールデンウィーク期間休業日のお知らせ
誠に勝手ながら、ゴールデンウィーク期間中は、下記休業日とさせていただきます。
4月29日(水)~4月30日(木)・5月 2日(土)~5月6日(水)
期間中のご注文・お問合せにつきましては、営業日にて順次確認・発送させていただきます。
ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
なお、期間前後のご注文に関しまして配送が大幅に遅れる場合もございますので、予めご了承下さい。
※お急ぎのお客様、お届け日の指定のあるお客様は、十分にご注意下さい。